ちっぽけな存在

c0140721_20314890.jpg

写真を整理していたら出てきたので載せてみることにします。
かれこれ4年前、羊蹄山に登った時の一枚。
9合目の山小屋を3時頃発し、外輪山で独りご来光を待っていた時、
ふと見上げると自分と同じように朝を待つ人が見えた。
右上の点みたいのがそうです。

僕の思う山登りの魅力は、圧倒的な大自然の前に
人間一人の存在がいかにちっぽけかを再認識できるところ。
で、小さな小さな一歩を積み重ねて登頂した時の達成感。
色んな意味でリセットできる場所だったりします。

今年はトムラさんにガッチリやっつけられましたが、笑
こういう写真を見るとまた登りたくなるものです。
また来年も2,3座程度ですが登りたいと思います。
[PR]
by mj-p | 2010-11-29 20:57 | 風景