青天

一本松の後、ホントは野付半島へ行こうと思っていた。
でも予定を変更し鶴居へ向かうことに決めました。
なぜならとても寒い日だったから。
寒すぎる日のタンチョウは塒から飛び立つのが遅くなるんです
今から3時間走っても多分青天に間に合う。
そんな読みで10:00目掛けて出発した。
途中、エゾフクロウに逢いに行くも不在、
御神渡り撮りに行くも、ワカサギ釣りのテントだらけで絵にならず
エゾシカの死骸発見するも既に肉なく毛皮
ここまでだめだと逆に清々しい。
予定通り到着した鶴居は晴れ渡り気持ちの良い青空が広がっていました。
c0140721_19184597.jpg

タンチョウのルートを予測して青空バックで撮る通称“青天”
10:00頃、重役出勤のタンチョウたちが方々に飛び立つ中
僕の待っていた場所にも数回通過してくれました
24mmではみ出してしまう(下手なだけですが・・・)、これが青天の醍醐味です。
[PR]
by mj-p | 2011-01-12 19:28 | いきもの