CAPA 2月号 生きものの部 1席

森を散策中、偶然見つけたエゾフクロウでした。
慌てて車に戻り、相方に借りていたゴーヨンに付け替えダッシュで戻る。
すぐに息を殺そうとしたが、さすがに上手くはいかず、白い息がモワっと立ちのぼった。
そんな無駄な動きの多い人間の存在など意に介さず目線もくれないエゾフクロウ。
その顔がゆっくりと宙を見上げた・・・

僕もつられて同じ場所を見上げた・・・

先ほどまで晴れていた空から牡丹雪が降ってきている。

『また降ってきたなぁ』

お互いがそう思ったであろう瞬間、そっとシャッターをきりました。

目を細め感慨深げな表情のエゾフクロウ、きっと雪見を楽しんでたのかな。。。
c0140721_2049774.jpg

【 “雪見” H22.2.11 ・ 網走市】

気に入っていた一枚でCAPA2度目の1席受賞。
生きもの分野の先駆けである選者に思いが届いていることにまず喜びを感じます。

ガキの頃から生きものが好きで図鑑がボロボロになるまで読んでいた記憶。
長い時を経、転勤で赴任したオホーツク・道東。
ここで被写体としての生きものと出逢いました。
下手糞で、ろくな写真が撮れなかった1年目、
ビギナーズラックを確かなモノにしようと少しだけ勉強した2年目、
ある程度機材も整い、言い訳もできなくなった3年目
そんなオホーツク3年目の写真です。

この日出逢ったこの瞬間、おそらくストロボを使うことでさらに印象的な情景も得られたかも知れませんが、
それをやってしまってはこの表情は撮れません
今後も自分の視点と思いを大切に撮っていきたいと思います。

あ、それとuttiさん、レンズありがとう。
今度飯でも。笑
[PR]
by mj-p | 2011-01-20 21:34 | フォトコン等