明ける空に舞う

この日のコンディションはまずまず。
1月末でここまで流氷が来てるってのは、僕が過ごした4シーズンでは初のことだ。
ただ、港を出てすぐの場所に本体があったため、沖に出ることができない。
これは由々しき事態。港のすぐそばだとカラスが多くなり、容赦なくフレームインされるのだ。
それらを掻い潜りながら撮影を始める。
山場は日の出のシーンだが、その前には良い色の空をバックに収めたい。
c0140721_2138155.jpg
もうちょっと高い位置で仕留めたかった一枚。
このシルエットが光の少ない太陽と重なれば最高なのだが。。。

色々やってるとすぐに日の出の時刻が近づいてきた。
相変わらず期待値MAX。
でも指先の冷たさもMAXに達しつつあった。。。
[PR]
by mj-p | 2011-02-10 22:08 | いきもの