カメラのキタムラ 2011春夏 腕だめし部門  特選

c0140721_23114363.jpg

カメラのキタムラフォトコンテスト 2011春夏 腕だめし部門 自然(いきもの・草木)
にて特選をいただきました。
嬉しいといえば嬉しいのですが、喜びきれない理由が・・・

実は縦構図で送ったはずの作品が、なぜか横構図で受賞してしまいました。
自分が天地を貼り違えたのか、主催者サイドで取り違えたか、はたまた選者がこっちの方が良しとしたか。

写真として見やすいのは横なのですが、僕の中では重力に逆らった写真ってのはどうも気持ちが悪いわけで・・・
今さらどうにもならないと思いますが、明日にでも電話してみます。


この写真は昨年6月、偶然見つけたエゾモモンガの母子。
エゾモモンガは母親のみが子育てするのですが、わずか8週間で子離れしてしまいます。
夜行性であり、昼に出会えたことだけでもラッキーだったのに、
この日は幸運にも母親と4匹の子供達の、巣立ちに向けた訓練に立ち会うことができました。
子供の後ろを心配そうに付いて回る母モモンガの愛情が伝わり胸が熱くなったのを覚えています。

写真を現像中「あの4匹、今頃どうしてるかな」と考える内、自然とタイトルが付いていました。
【ママとの想い出】 このタイトルに込めたモモンガの生態と儚さまで考慮され選ばれたかは分りかねますが
特選というのはやはり嬉しく思います。
大きな楯もいただきました。

次は腕自慢。
このコンテストの応募総数28,500点だったそうです。
腕自慢部門は「風景」「人」「自由」の3カテゴリー
生き物はどこに出すべきなんでしょうかね。。。


c0140721_044967.jpg

ちなみに受賞作品はこちら。



全然関係ない話。
明日から今月いっぱい東京出張です。
折角なんでカメラ持って行きます。
[PR]
by MJ-P | 2011-11-15 23:52 | フォトコン等