2009年 09月 05日 ( 2 )

夜の虹

そしてその時がきた。
滝壺に月光が射し込む・・・
c0140721_22431937.jpg

肉眼では殆ど確認できなかったが、カメラは僅かな反射光を拾い集めてくれた。

水量・光量の兼ね合いで完璧な半円とまではいかなかったが
ようやく“夜の虹”を写し出す事ができた。

[PR]
by mj-p | 2009-09-05 22:57 | 風景

幻の虹を追いかけて

月光で出現する虹を求め、月齢と高度のチェックはしていた。
昨年11月の失敗を踏まえ色々考えてはいたが、何せ天気が悪かった。
そして迎えた9月3日、月齢14、快晴!
あの場所へ車を走らせた。。。
c0140721_9334263.jpg
c0140721_934286.jpg
【H21.9.3】

昨年行った時は真っ暗な滝壺に自分の他、もう一人若い男性が居た。
顔も見えない中、二言三言会話をしたが、内容はあまり覚えていない。

今年になって飲み会の2次会か3次会で行ったスナックのママとその話になった時・・・
「その人足あったかい?」「振り向いたら居なくならなかった?」と散々脅された。
要するにそういう場所なんだそうな。。。
その時は「もう行くまい」と堅く心に誓ったような気がする。

でもやはり来てしまった。
辺りは真っ暗、所々に“熊が出ています”的な立て看板。
よくある「熊出没注意」よりもはるかに実感がこもった看板だ。
カメラ的に言えばISO800と3200くらいの差に相当する。

車を止めてから滝まではたった30メートルだが、暗闇が僕の心を恐怖で支配しようとした。
月の光はまだ届いていなかった。

三脚をセットすると車が一台現われた。
滝壺で恐るおそる話しかけると昨年11月に遇ったあの若い男性だった。
何気に足を確認する
ヘッドライトが2本の足を照らしていた(よかった・・・)
自分の他にも同じように月齢と天気とにらめっこしてる人間が居ることが
なんだかすごく嬉しく、そしておかしかった。

高い木々で覆われたその場所に月光が射し込むまでまだ数刻早いらしい・・・
あの位置まで月が昇ればきっと現れる
そう信じてこの後1時間ほど待つことになった。【つづく】

っと期待させておいてたいした写真は出てきませんが。笑
[PR]
by mj-p | 2009-09-05 10:22 | 風景