<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

銀河の丘

c0140721_232535.jpg

[PR]
by MJ-P | 2012-10-30 23:27 | 星空

ホシガラス

c0140721_22513025.jpg
c0140721_22515062.jpg

山に登るとたま~に見かけるホシガラス。
この日は採食に夢中だったようで、しっかり撮らせて頂けました。
[PR]
by MJ-P | 2012-10-28 22:57 | いきもの

星立つ丘

c0140721_19415461.jpg


星を撮るには良い季節ですが、今日の札幌でオリオン座流星群は見えそうもありません。。。
[PR]
by MJ-P | 2012-10-21 19:59 | 星空

夜へ。

c0140721_19491978.jpg

[PR]
by MJ-P | 2012-10-16 19:50 | 風景

クリスマスツリーの木

大雪を離れ、向かった先は美瑛。
実はちゃんと美瑛を撮ったことがなく、天気が良いならと思い立ち寄ったのでした。

c0140721_21253115.jpg


c0140721_21255167.jpg


c0140721_21266100.jpg


メインの夜に向け、ロケハンで訪れたクリスマスツリーの木。
一番良い時間は、撮影ツアーの方々がとても賑やかだったので離れました。
[PR]
by MJ-P | 2012-10-14 21:32 | 風景

初雪  緑岳~白雲非難小屋

連休にまた大雪山へ。今回はソロ。
2泊でのんびり紅葉の稜線巡りでもしてやろうという計画。

初日、雷注意報が発令される中、高原温泉に車を止め
行けそうなタイミングを見極めて一気に緑岳を目指すことにした。
入山ポストは閉まっている。
それもそのはず、通常10月の大雪は紅葉も終わってオフシーズン。
今年が如何に異常気象かということだ。

登山道に足を踏み入れると2泊分の荷物がずっしり肩に圧し掛かり一気に汗が噴出した。
毎回そうだが、重荷に慣れていない最初の一歩きが最もツライとこ。

少し歩くとお花畑に着く。
初夏にはチングルマが咲き誇るその場所も今は紅葉真っ盛り。
c0140721_20572441.jpg

景色を楽しみながら木道をゆったり歩くとすぐに最後のガレ場。

ここまで来ると天気が一変した。暗雲が立ち込めるとはこのことか。
登れば登るほど風は勢いを増していき、最終的に風速25メートル程吹いた。
大きく張り出したザックが風を受けて、はっきりと浮力を感じる。
何とか頂上に辿り着いたが写真も撮らず、白雲岳非難小屋へ向かうことに。
雷注意報が出ていたことを考えると、一刻も早い行動が必要だった。
稜線をトレイルランニングし、20分程で非難小屋に着いた。
c0140721_20574580.jpg

小屋には先客が2人。
やはり強風により文字通り非難してきた人だった。
とりあえず飯でも食うかと準備を始めたところで
「ドドーン ゴロゴロ」
雷鳴の後大粒の雨が降り出した。
間一髪だった。

サブバックで白雲岳にでも散歩しようという計画だったが、どう考えても無謀。
この日は諦めて小屋でゆっくりすることにした。

程なくして窓に打ち付ける乾いた音。
雹だ、雹が降っている。
どおりで寒い。
気が付けば小屋内でも吐く息が白くなっていた。

暇を持て余し、アイフォンを弄る。
流石のau、電波はギリギリ届いた。
因みにソフトバンクは届かず。
バッテリーは見る見る減っていき、そろそろチャージをしようと
ガサゴソガサゴゾ・・・
ない。
コードがない。車に忘れてきた。orz
結局数時間後に電池切れし、この山行のために用意したアプリ「DIY GPS」機能せず。orz

テンション下がる中、時計を見ると真っ暗。
まさかの電池切れ。orz
一年って結構な日があるはずなのに、なぜ今。。。

窓の外を見ると薄っすら雪が積もっていた。
今年の初雪を日本で最も早く確認することができ感無量・・・なんて気分にはとてもなれなかった。

事前の準備はホント大切。

その後も二人が濡れ鼠で非難して来て、結局5人がこの小屋に泊まった。

それにしても寒い。ひたすら寒い。
着るものは冬装備で来ていたが、3シーズン用シュラフが悪かったようだ。
なかなか寝付けず、結局ラジオとコーヒーと夜を明かした。


朝。乳白色から少しずつ雲が晴れ、光が射し込んできた
c0140721_21542262.jpg

枯れた花が凍り、また輝きを取り戻す。
c0140721_21543817.jpg

山肌は薄っすら白い。


散々迷った挙句下りる事にした。
これから明日にかけて晴れることは分かっていたが
携帯の電源が落ちていたことと、またあの寒い夜が嫌だったこと。
それともうひとつ、下界で撮りたいものがあったこと。

c0140721_21572335.jpg

非難小屋下の雪渓。今年は例年になくよく溶けています。

c0140721_21583216.jpg

白雲岳の左側に旭岳。最高峰ではしっかり冠雪していました。

c0140721_2222270.jpg

昨夜の暴風雨雪を物語ります。

c0140721_2234573.jpg

トムラウシは拝めなかったが、眼下には見事な紅葉が一面広がっていた。

c0140721_2251152.jpg

今年は赤の少ない黄葉だそうです。


高原温泉まで下りるとスゴイ数の車が。
紅葉の沼巡りで人がごった返していたのでした。

芋洗い状態の温泉で汗を流し、休憩室で仮眠した後、次なる目的地へと車を走らせた。
[PR]
by MJ-P | 2012-10-09 22:19 | 風景